デザイン変更(オフ生活より)

categoryワイヤード — S.S a.k.a fukigen @ 2009/5/30 17:31

20090530
 内容の更新や運営じみたことを一切やらないのに何故かデザインが変わってゆくウェブがあります。そうです、我がサイトATMOSPHEREです。ということで今年もデザイン変更の季節がやってまいりました。自分がネット環境にないのにも関わらず、旧デザインにすっかり飽きてしまったのです。
 くだらない前置きは置いておいて、技術的なメソッドをちょっと書き残して置きます。ネットカフェ住人のウェブマスター(今時居るか解らないけど)なんかいたら参考にしてみてはと。リムーバブルメディアだけでけっこういけます。
 まずバイナリーデータはフリーウェアのpixiaで制作しています。それをgifフォーマットするときにだけ、オフラインPCにインストールしたシェアウェアのFireworks(友達に貰った凄く古いバージョン)を使っています。データの元画像はケータイのカメラで撮影したものです。htmlとcssはエディターに手打ちで、私が使うエディターはEmEditorなんだけど、このエディターの選択理由とはずばりフォントの指定でメイリオが選べたところで、あとはタグの入れ子が視覚的に解りやすいからです。サーバーへのアップデートはFileZillaPortableで行っています。私はまだ見つけてないけれど、ヴァージョンによっては日本語化のパッチがあるようです。このFileZillaPortableは癖のないソフトなので、パッチがなくてもあるていどftpに慣れた人ならば感覚的に操作できると思います。操作できそうさ、なんてことはたとえくちが割けても言いません。それではより良いオフライン生活を。


デビルズ・ワルツ

categoryフィクション — S.S a.k.a fukigen @ 2008/11/30 16:09

 天井の高い薄暗い洋室で、窓辺から遠くはなれた、木椅子に背もたれて眠っていた。片方の腕はすぐとなりにある円卓の縁にのせてあるようだった。そちらへと垂らした空疎な頭蓋は鈍く、また重く、私はちぎれてしまいそうなまでの首筋の痛みに耐えきれずに、そこで惜しまれる眠りの覆いを潜り抜けたのだった。目を見ひらくと円卓の上には、ガラス製の黒い灰皿が置いてあり、重力を反転させたエンジェルフォールさながらに細長い煙が、そこから虚空という奈落へむけて落ちていた。私は二度ほどまばたいた。背もたれを離れ咳払いをすると、それだけでジグザグになったシガレットの煙が、ゆっくりとそこで解けていった。

   約19000字の短編小説です。長いしR18にしたので、本宅に掲載。

アベルの族よ、眠れ、飲め且つ、食え、
神、にこやかに、そなたを見給う。

カインの族よ、泥の中這いまわり
さては惨めに死んでゆけ。
                          ──ボードレール


パーフェクト・デイ

categoryフィクション — S.S a.k.a fukigen @ 2008/8/3 12:36

 住宅の分譲地を線路に沿い歩いていると、ついいましがたまで僕をつつみこんでいたはずの明け方は、すっかり早朝というものの気配に埋め尽くされてしまっていた。見あげる地上波のTVアンテナのむこうをいま、スズメの小隊が一瞬で通り抜けた。夜間に地上へと浸透した夜気のすべてを、まだ流れないどんよりとした空が、溜まりの上に置いたスポンジさながらのしたたかさでいま、吸い上げようとしていた。
 新聞配達の原付が変速する硬質で乾いた音と、路地のたびに緩急するのであろう、小刻みなアクセルワークがうながす排気音が、二点から遠近に、聞こえていた。耳の裏から肩口のあたりに、この世界すべての音場が凝縮されているような気さえしたのだった。頭のなかには四分間にも満たないあの曲、ルー・リードパーフェクト・デイが繰り返しにながれていた。それだから僕自身ですら理由の分からないこの足取りは、もの悲しいあの、ピアノの伴奏をともなっていたのだ。そしてまた曲は巡り、男は静かに歌いはじめる。 (more…)


ワールドエンド

categoryフィクション — S.S a.k.a fukigen @ 2008/6/15 18:57

 コロニーの天窓がおとす日溜まりのすぐとなりで、わたしたちは籠いっぱいに詰められたジャガイモをひとつずつ洗ってゆくのでした。各々がカメノコタワシを手にしていて、水をはったタライをみなでぐるりと囲みながら、会話もなく黙々と、けれど一様に静かな微笑をたたえているのでした。一様に。そう、わたしたちはみなとても似ていて、あまつさえ多大な時を共にすごしてきたものだから、たとえ会話をすることがあったとしても、どちらが話し手で聞き手であったのかさえ、記憶違いにしてしまうこともあるくらいなのです。 (more…)

Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 Next

HTML convert time: 3.396 sec. Powered by WordPress ME